お水の業界で成功するための心得

>

美しいが当然の厳しい世界

第一印象でほとんど決まる

人は第一印象で9割が決まると言われています。
人は見た目じゃなく中身なんだ、と言いたくなるかもしれませんが、現実は非情です。
あなたも、第一印象の悪い人と話をするのはあまり乗り気にはなれないと思います。
一応可能ではあると思いますが、何と言ってもそういう人と話をするのはエネルギーを消耗します。
人はできることならば楽をしたがる生き物です。
エネルギーを消耗する第一印象の悪い人は敬遠されるものです。
なんだか就職活動中の学生のような話に感じるかもしれませんが、これは人間関係全般に言えることです。
当然ながら接客業にも言えるわけで、とりわけ理想の異性とのコミュニケーションを求める接待飲食業では非常に重要視されます。

メラビアンの法則

第一印象についてはメラビアンの法則というのが有名です。
人は視覚、聴覚、言語の順に重要視するというものです。
これは、どんなに言葉で後から繕っても、最初の見た目の印象は覆せないことを意味します。

なので、まずは第一印象をよくするために見た目から向上していきましょう。

まず、見た目は単純な美貌ではありません。
清潔感はもちろん、態度や表情、姿勢も含まれます。
腕を組めば威圧感が出てしまい、姿勢が猫背だと自信が無さそうに見えます。
目を大きく開き眉を上げるようにし、口角をしっかりあげて笑顔を作るようにしましょう。
目線を相手に合わせて、無駄な動きを抑えます。
髪をやたら触るような癖は良い印象を与えませんし、聞き手に徹する立場のため、大きすぎるボディーランゲージも邪魔になります。