お水の業界で成功するための心得

>

コミュニケーションを磨く

聞き上手が基本

水商売と言われる接待飲食業はコミュニケーションがメインとなります。
第一印象をいくら良くしても、お客様が気持ちよくお話をできないのではここまでの努力は水の泡です。
第一印象はまだ入り口、本当の勝負はお客様とのコミュニケーションにあります。
私は話上手、と自負する人は多いですが、果たして水商売に向いている話上手でしょうか?
水商売では基本的に聞き上手に徹する必要があります。
話上手という人の中には、場を盛り上げる話ができる人がいますが、これは全く逆の性質です。
水商売では、どんな話でも盛り上げられる聞き方ができる人が求められます。

自分のことをついつい話してしまわないように、相手に話すターンを多く設けるようにしましょう。

聞き方のコツ

盛り上げられる聞き上手になるにはどうすればいいのでしょうか?
聞き上手の極意は、相手が言ってほしい言葉を言ってあげることなのですが、いきなりは難しいです。
まずはそれよりも基本になる、相手が欲しがるリアクションをすることを覚えましょう。

そのために一番重要になるのは相づちです。
へえ、すごい、おもしろい、というような感情を表すリアクションをこまめに取ることが大切です。

そして、さらに一歩踏み込んで、相手が次に話したいと思っていることを尋ねてみましょう。
そうすることで、お客様が自分の話に興味を持ってくれていると感じます。
加えて、次に話したいことがスムーズに話しやすくなるので、お客様の気分がよくなります。

この二点に着目して、聞き上手に徹してみましょう。