お水の業界で成功するための心得

>

マナーと向上のための心得

マナーには要注意

第一印象やコミュニケーションの他にも知っておかなくてはならないことがあります。

それはマナーです。

マナーと言っても、テーブルマナーのような形式的なものではありません。
お客様を不快にさせないための思いやりと言うべきでしょうか。

例えば、お客様があなたに出してくれたお酒があったとします。
その時、あなたがもしグラスを飲みかけの状態で席を立ったら、お客様はどう思うでしょうか?
どんなにお酒を出してくれたときに、ありがとう、嬉しい、という言葉をかけていたとしても、全ては興ざめしてしまいます。

このように、いくらコミュニケーションや第一印象を磨いていても、ちょっとした思いやりのなさでマイナス評価を得てしまうことがあります。
相手の気持ちを考えるのは少し難しいですが、常にそういう意識を持って取り組みましょう。

極意は反省と改善

ここまで、水商売で成功するための基本的かつ非常に重要なポイントを押させてきました。
これらは確実に押さえておきたい部分なので、絶対マスターすべきなのですが、さらにもうワンランク上を目指すなら、さらなる努力が必要です。

しかし、コミュニケーションというものは奇抜は望まれません。
水商売はコミュニケーション主体なので、他の人とは違うウリを持つことは実質不可能なのです。

つまりお水の業界でナンバーワンになる方法は、コミュニケーションの基礎技術を極限まで高めることしかないのです。

そして、無数にあるノウハウを培っていくために必要な心構えは、反省と改善のプロセスです。
失敗することは仕方ありません。
肝心なのは反省して、同じ失敗をしないことです。
この改善案が一つのノウハウであり、その蓄積が少しずつ基礎技術を高めていきます。

スキルアップが停滞ぎみだな、と思った時は、同じ失敗をしていないかチェックしてみましょう。